お世話になりました

しょうがファイターズに入団したのは5年生の時でした。サッカーの楽しさを教えてくれた友人達と、
もっとサッカーがしたいという思いだったようです。
真っ黒に日焼けをして、一生懸命みんなとボールを追いかけている姿を見ることができました。
試合に勝った時の笑顔や、負けて悔し涙を流している姿を見ることができました。
そんな忙しくも充実した日々を送ることができたのも、古俣代表、竹内監督をはじめ
携わってくださったコーチ、スタッフ、保護者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

鳥屋野ファイターズ 坂井美穂(奨の母)

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    監督 竹内 (土曜日, 08 2月 2014 14:35)

    坂井様、大変お世話になりました。

    ショウは剣道とサッカーの両立、すごく大変だったと思います。最終的には剣道をやめさせてしまったのではないかと、ちょっと気になってます。
    私の同級生も小学校時代剣道をしていて、中学からサッカーを始めたらしいです。剣道の上手な選手はサッカーも上手なんでしょうかね?

    ショウの最大の武器は反応の速さ。「キーパーにいいんじゃないの」と、ある保護者の声から6年の途中からキーパーへ転向させました。ズバリ正解でした。
    みんなが覚えてると思うけど、少年少女6年生大会、対内野戦!神が降りてきました。
    ものすごいシュートの数々、すべて止める、ゴールポストも味方してくれる、あれは忘れられません。

    中学へ行ったらサッカーを続けるのかな?それとも剣道?サッカーを続けるのであればキーパーでなく、FP(フィールドプレイヤー)から入って下さい。足元をしっかり練習することと、FPをやることによりキーパーとの関係がよく理解出来るようになります。

    ショウ 頑張れ!

≪What’s New! ≫

5月予定表UPしました。