「卒団を迎え」

 春樹がファイターズに入団したのは、3年生の4月でした。
それまでは、アルビのサポーターである私の命令でアルビのサッカースクールに通わせておりました(笑)。
スクールでは、対外試合等がなくメリハリのない練習を繰り返しておりました。これではいけないと思い鳥屋野小学校のグランドで精力的に活動しているファイターズの事を聞きクラブの門を叩きました。

最初に友達の黎君と一緒に体験練習に行き、アットホームな雰囲気に魅了され親がすぐに入団を決めました。本人は、サッカーをやりたいというよりも友達と楽しくサッカーを通して、遊べる事が入団を決めた要因だった様です。また、高橋コーチが一生懸命に説明してくれたことも入団を決断する後押しになりました(笑)

その後、すぐに弟の慶も入団し週末は家族全員で各試合会場に行くのが、家族行事になったのは言うまでもありません。
入団した当初は試合会場で、監督・コーチ陣よりも大きな声で応援しご迷惑をお掛けしたこともしばしばあり、家に帰ると反省していました。また、子供達には試合後に根性論を徹底して教育しておりました(笑)

春樹が5年生になり部員が増えた事もあり、弟の慶は帯同することが減りました。   この頃から、夫婦で役割分担を 春樹→妻・慶→私 にしファイターズの活動を行ってきました。ただ、6年生の懇親会にはその役割を無視し私が積極的に参加させてもらいました(笑)素晴らしい監督・コーチ陣・保護者との宴は、今でも大好きです。このような、関係が築けたのもひとえにみなさまの人柄と人間性が素晴らしいからだと思います。本当にありがとうございました。

春樹が中学でサッカーを続けるかは、わかりませんがファイターズの仲間との思い出や試合に出れずに悔しい思いをした事や、すべてが彼にとって貴重な財産になると思います。一人で出来ることは限られています。いろんな人から教えてもらった事や、助けてもらった事を思いだし成長して欲しいと願っております。

最後になりますが、今回弟の慶が退部するにあたりクラブおよび保護者の方々に多大なご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。5年生次長という役も志半ばで交代して頂き、頭が下がる思いです。若輩もの私ですが、今後もファイターズのお役に立てるようであれば全力で協力致します。
笹川春樹の父・虎吉

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    監督 倉田 (金曜日, 06 3月 2015 19:22)

    虎吉さん・・・いつも飲み会の席では、私の焼酎を作って
    頂きありがとうございます(笑)

    ハルキのプレーを初めて見たのは・・・確か・・・吉田ふれあい
    だったかな!???
    左利きで↑上手い子という印象を持ちました。
    いつもチームで一番に挨拶に来るのがハルキで、チームイチ持久力のあるのも
    ハルキだろーと思います(^.^)
    初夏の三条でのゲームで、暑さにみんなが参っている中でハルキだけが元気
    でした。
    カンタがへばって(__)なかなか食べられずにいた昼食の“冷し中華”をハルキが
    密かに狙っていたのは笑えましたねぇ~^m^
    ハルキって。。。。。中学でサッカーやるのかね???
    ハルキは、ボールタッチもコントロールもちゃんとできる子だと私は思っています。
    もっと自信を持って、もう一歩前へ出て行ってはどーだろう!???
    心も...体も...\(~o~)/

≪What’s New! ≫

5月予定表UPしました。